トップページ

    このサイトではフォードの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「フォードの買取相場を調べて高く買い取りをしてくれる業者に売りたい!」と思っているなら以下で紹介しているおすすめの車買取店を利用してみてください。

    輸入車のフォードを高く査定してもらうためにやるべきことは「複数の車買取会社に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとか近くのディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら明らかに損をするので注意してください。

    中古車一括査定サイトなら入力も数分で終わるくらいとてもシンプルです。複数の車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、アメ車のフォード(Ford)の買取相場がすぐに分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、知名度抜群のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと言うくらい知名度抜群なので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なのでダントツ№1!最大50社にフォードの買取査定の依頼をすることができます。

    中古車の一括サービスは利用すると多くの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡はありません。
    勿論、地方対応で利用料は無料です。

    「できるだけフォードを高く売却したいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額を教えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐに今あなたが乗っているフォードの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が送信されないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという安心して使える一括サービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのフォードでも高く売れる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込み後すぐに複数の買取業者から見積りの電話がかかってくるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、しつこいセールスを受けることもありません。
    フォードの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで約2000社の車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車一括査定サービス。1分もかからずに入力が終わりますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「自分が乗ってるフォードの買取相場ってネットで分かるの?」ということであれば利用をおすすめします。

    査定依頼後は複数の買取業者から電話がありますが、日本自動車流通研究所の審査を通った優良買取業者だけが登録しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話連絡があった際にはすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことでアメリカ車のフォードを高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の買取業者がフォードの査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたのフォードを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐにネット上で中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社がアメ車のフォードを査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額やサービスの違いを比較してみることができるので、複数業者に査定のお願いをして数年間乗ったフォードを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車専門の中古車の買取業者。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、1年間の取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車を専門とした外車買取店なので、輸入車のフォードであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することがあります。
    なので、アメ車のフォードであれば先にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額をチェックしてみてください。

    複数の中古車買取店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い買取価格を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたフォードを売りましょう。






    車買取コラム

    車の査定は夜や雨の日に申し込んだ方が得策といわれることがあって、少々査定額が高く出るという噂があります。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから査定する車の汚れやキズなどのマイナス要因が判別しにくくなるということから夜などに査定を依頼した方が良いと言われているようです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど担当者も甘くはないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、中古車を積極的に買い取るのです。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

    大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    自分で買い取り店に行くことなく、同時に複数の会社の査定金額を比較検討出来るのが中古車一括査定サイトの良いところです。

    時間的余裕がない人でも、複数の査定がいっぺんに出来てしまうのは素晴らしいですね。

    但し、多数の店舗に一括査定しているため、メリットばかりだけではなくて、たくさんの買取業者から一斉に連絡が来ることになるかもしれません。

    電話攻撃に疲れ果ててしまったり、しつこく売ることを迫る店舗もある欠点が同時にあることを知った上で一括査定サイトを使うことが重要かもしれないのです。

    中古車を買い取る際の査定では、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上でプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、逆に減点の度合いが大きくなってしまうケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし同じ全損にも2通りあります。

    物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    自動車保険の給付金の金額というのは、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    この時に根拠になるのが日本自動車査定協会の有するデータで、保険会社はそれを参照して相場の現況を知るようにしています。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、買い取り先を決めて本契約となったら、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、書類と現在の姓が違っている人はもとより、住所地の変更などがあった時は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    業者は決まらなくても、売ると決心した段階で必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。

    事故車や過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    中古車屋への売却が不可能となると、残された道は2つです。

    自ら抹消登録を行い廃車にする方法なら多少は自動車税の戻りが期待できます。

    そしてもうひとつは、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、結果的にトクする方を選んでください。

    通常、自動車業界において標準とされる1年間の走行距離数は10000キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子を崩すことが多くなってきます。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

    中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは出張査定サービスを利用するのもありです。

    周囲には車の査定が来ていることが一目瞭然ですが、それさえ我慢できれば業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点でおすすめです。

    訪問査定や出張査定と呼ばれる方法だと、同じ日に幾つもの業者から見積りをとれます。

    よって、同業他社と査定額を争うことになり、査定額全体がアップするのです。